インプラント

確かな技術のインプラントを行っております。

お口の中の機能回復と審美性を追求した、新しい治療法です。

  1. インプラント治療とはこれまで入れ歯やブリッジしか対応のできなかった歯を失った部分に、 天然歯の根の部分の代わりをする人口歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
  2. 入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになります。
  3. 入れ歯のように取り外す必要がなくなり、人前でも口元を気にせず食事やおしゃべりが楽しく出来るようになります。
  4. インプラント治療はお口の中の機能を回復と自然な審美性を追及した新しい治療法です。

インプラント治療の流れ

STEP1 初診

インプラント治療に関する相談と説明

STEP2 診査

健康状態に関する問診、口の中の検査、レントゲン写真や歯垢の採取

STEP3 診断

治療方法、計画の決定と説明

STEP4 手術

外科処置によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。 3~6ヶ月後にインプラントに人口の歯と連動するためのハーフを取り付けます。

(1)―外科処置を伴います。)

  1. 奥歯が1本抜けてしまった状態です。 従来はブリッジや入れ歯で治療していましたが、それでは残っている歯に負担がかかったり、傷つけたりしてしまいます。
  2. 残っている歯のために、インプラント治療を選びました。まず、歯が抜けてしまったところにインプラントを組み込むためのスペースをつくります。
  3. インプラントを植えこむためのスペースにもともとあった歯型に合わせたインプラントを植えこみます。
  4. インプラントを植えこんだら、歯肉で蓋をして約3ヶ月~6ヶ月待ちます。この期間を治療期間と呼び、 この間にインプラントと顎の骨と一体となります。

STEP5 人工の歯を製作

技工士さんがあなただけの人工の歯とカスタムメイドで製作します。

STEP6 人工の歯を装着、完成

人工の歯をインプラントに連結して完成となります。

  1. インプラントと顎の骨が一体になったら、インプラントに支台装着を取り付けて人工の歯をかぶせます。
  2. インプラントによる神綴(歯の再建)処置が完成した状態です。 歯があったときと同じ感覚が回復します。 残っている歯の状態もよくなります。
インプラントの治療に際しては、口腔衛生への高い意識が必要となります。

お口の中を清潔に保つことが難しい場合は治療を断念することもあります。

インプラントと従来の治療方法の違い

  1. 前歯部一本欠損の場合 〈従来の治療〉 両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。 〈インプラント治療〉 欠損部にインプラントを埋めて人工の歯を単独で装着。
  2. 歯部から歯が欠損している 〈従来の治療〉 部分入れ歯で治療。健康的な隣の歯のための鉤をかけるた、歯に負担がかかります。 〈インプラント治療〉 必要な本数のインプラントを埋め込み、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。
  3. 完成に歯がない場合 〈従来の治療〉 歯がないため総入れ歯となります。うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。 〈インプラント治療〉 インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かず、しっかりした義歯にすることができます。 また、顎の状態によってはインプラントによって1本ずつの歯を自然な状態で完成することも可能です。
  • facebook
  • twitter
  • mixi