小児、一般

小児、一般

虫歯は不潔病ではなく、伝染性細菌感染症

私たちがいくら視力がよくても細菌やバクテリアを見ることはできません。 いくらきれいにしても口の中、腸の中にはたくさんの細菌やバクテリアが棲んでいます。 外部から病原性のあるよそ者細菌やウィルスが入ってきても、唾液の免疫力と強調して、排除してくれるのです。 しかし、その排除がうまくいかずに虫歯や歯肉菌を引き起こす原因となる虫歯菌や歯肉病菌に感染すると歯という大切な臓器が損なわれる危険性が出てきます。 界面活性化剤を含む歯磨剤は歯の表面の唾液由来の防御免疫物質を含む結合タンパク質をはぎとり、ペリクルと呼ばれる歯表面物質の性状を変化させ虫歯菌と競合して歯の健康に守ってくれる善玉菌の生育を妨害すると考えられます。 そのため界面活性剤を毎日使っていると虫歯菌の感染やその後の定着、繁殖を促進し、むしろ虫歯ができやすくなります。 唾液を歯磨剤がわりにして何もつけず、テレビを見ながら、本を読みながら、楽しみながら、リラックスして、歯を磨いてはいかがでしょうか。 いったん歯に虫歯菌が感染してしまうと常時完全に虫歯の餌となるものを取り除くことは不可能ですから歯の咬む面の細かい溝や歯と歯の間、奥歯の陰になったところなどで虫歯がおこるのです。 虫歯も歯周病も細菌が関係しますのでどちらか一方か毒力の強い虫歯や歯周病の病原菌を持っているとそれが感染し、結果的に歯や歯ぐきの病気が起こりやすくなっているのかもしれません。
  • facebook
  • twitter
  • mixi